Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

1. 製品について

「OMLINE-I(オムリン アイ)」は、LINE公式アカウント(旧LINEカスタマーコネクト)とService Cloudを連携します。
LINE経由での問い合わせを、電話やSNSなどの様々なチャネルの問い合わせと一元的に管理し、効率のよいお客様サポートができるサービスです。
詳しくはこちらの製品紹介ページをご覧ください。

▼OMLINE-I(オムリン アイ)製品紹介
https://www.terrasky.co.jp/omline-i/index.php



OMLINE-Iのパッケージは、新機能追加や、安定性の向上を行っているので、最新のパッケージをご利用いただくことをお勧めしております。

旧バージョンでご利用いただくことも可能ですが、Salesforceのバージョンアップ検証は、OMLINEの最新バージョンで実施しておりますため、2つ前のバージョンよりも前の、古いバージョンをご利用いただいている場合、不具合が生じた際には、動作確認のとれた最新バージョンでのご利用をお勧めしております。



2. Salesforceに関することについて

OMLINE-I導入に伴い、Salesforceのエディションの制約はございません。
利用ユーザのライセンスにつきましては、ユーザがOMLINE-Iをコンソール上でケースを確認するため、Service Cloud のライセンスが必要となります。



「OMLINE-I」は、Salesforce組織のインスタンス変更による影響は受けません。
※Salesforceのインスタンスについては、Salesforce社のサポートページを参照ください。

▼自分の Salesforce 組織のインスタンス情報の表示(※外部 Salesforceサポートサイトへ移動します)
https://help.salesforce.com/articleView?id=000322728&type=1&Salesforceサポートサイトmode=1



「OMLINE-I(オムリン アイ)」を運用中に、Salesforceの「私のドメイン設定」の設定を検討する場合、以下の設定をご確認ください。

Salesforce設定画面より「私のドメインの設定」、ポリシーの「ログインが必要」設定項目を開き、
「 https://login.salesforce.com からのログインを防止」のチェックが外れていることを確認します。

「 https://login.salesforce.com からのログインを防止」のチェックが入ったまま運用する場合は、
標準のログインURL( https://login.salesforce.com)からはログインできません。私のドメイン設定で設定したログインURLからログインする必要があります。
Heroku管理画面にて、「SalesforceログインURL」などを設定していますので、私のドメイン設定で設定したログインURLに修正する必要があります。
詳しくはOMLINE-I導入ベンダーへご相談ください。

導入ベンダーが不明な場合、製品サポートへお問い合わせください。

▼契約者様専用問い合わせリンク
https://terrasky.secure.force.com/ProductSupport



OMLINE-Iパッケージ本体については、バージョンアップ検証を行い、影響を確認した場合は、パッケージのバージョンアップにて対応いたします。
OMLINE-Iパッケージに関連して、お客様のSalesforce組織で個別開発を行っている場合は、Salesforceのバージョンアップ前に提供される、プレビューに参加いただき、お客様のSalesforce Sandbox組織で、動作をご確認いただけます。



OMLINE-IはClassic環境でもご利用いただけます。



OMLINE-IはLEX(Lightning Experience)環境環境でもご利用いただけます。



3. 製品の動作について

お客様がLINE端末からオペレータへ接続する動作を開始したときに、オペレータはコンソール画面下のユーティリティバー上の「オムニチャネル」が点滅し、通知音が鳴ります。

詳しくは、「利用者向け 1. 問い合わせ対応画面ページ」内、「1.1. 問い合わせ対応画面の起動」をご参照ください。



1人のオペレータが、お客様のLINE端末からのトークを同時に受けられる件数は、Saleforceの「プレゼンス設定」「業務量」で設定したエージェントが受け入れ可能な作業量に依存します。

詳しくは、「OMLINE-I_Salesforce初期導入マニュアル」内、「8.  プレゼンス設定」をご参照ください。



お客様がLINE端末からオペレータへ接続する動作を開始した後、オペレータが反応するまでの間、画面が変わりません。
Heroku管理画面より「お待たせメッセージ」の設定を行うと、n秒ごとに、お待たせしている際の案内メッセージを送信することができます。

「OMLINE-I_Heroku管理画面マニュアル」をご希望の場合、製品サポートへお問い合わせください。

▼契約者様専用問い合わせリンク
https://terrasky.secure.force.com/ProductSupport



LINEで送ることができる情報は、以下のとおりです。

▼送信できるメッセージ種類
テキスト スタンプ
画像
動画
位置情報

▼受信時に表示できるメッセージ種類
テキスト
スタンプ
画像
動画
位置情報
テンプレート確認
テンプレートボタン(画像表示なし
テンプレートカルーセル(画像表示なし)

▼動画の送受信について
動画のデータ容量が大きいものを頻繁に送受信されると、動作が遅くなることが想定されます。
頻繁なデータ送受信が予想される場合、共有サーバなどに動画を保管し、動画urlでのやりとりを推奨します。



複数チャネルでの利用は可能ですが、チャネル数は5チャネルを目安としてください。 それ以上のチャネルをご利用いただく場合は、製品サポートへお問い合わせください。

▼契約者様専用問い合わせリンク
https://terrasky.secure.force.com/ProductSupport



4. 追加設定について

ユーザアカウントを新たに作成した際には、以下の設定が必要です。

1. ユーザに対し、「Service Cloudユーザ」の設定
2.権限セットの割り当て
3.公開グループへの追加

詳しくは、「OMLINE-I_Salesforce初期導入マニュアル」内、「9.  オペレータユーザ」をご参照ください。



新しくLINEチャネルを作成した場合は、設定の追加が必要です。
OMLINE-I導入ベンダーへご相談ください。

導入ベンダーが不明な場合、製品サポートへお問い合わせください。

▼契約者様専用問い合わせリンク
https://terrasky.secure.force.com/ProductSupport




  • No labels