Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

11.1.     Lightningレコードページの設定


設定から「オブジェクトマネージャー」の「ケース」を表示します。

Lightning レコードページを表示します。

[新規]ボタンを押します。

以下の項目を選択・入力し、[完了]ボタンを押します。


ページ: レコードページ

表示ラベル: ケースレコードページ

オブジェクト: ケース

ページテンプレートを選択: 3つの範囲


中央部分に「強調表示パネル」・「レコードの詳細」・「関連リスト」を設置します。


右部分にLightningコンポーネントの「LineChatCase」を設置します。


左部分に「Visualforce」を設置し、Visualforceページ名に「LineChatFiles」を設定します。


また、左部分にLightningコンポーネントの「WhisperChat」を設置します。



[保存]ボタンを押し、[有効化]ボタンを押します。
アプリケーションのデフォルトの「アプリケーションのデフォルトとして割り当て」を押します。


OMLINE-Iコンソール」を選択し、[次へ]ボタンを押します。



フォーム要素が「デスクトップ」になっていることを確認し、[次へ]ボタンを押します。

確認し、[保存]ボタンを押します。


設定から「オブジェクトマネージャー」の「ケース」を表示します。

「ケースページレイアウト」を表示します。



Case Layout」編集画面を表示します。

[定義済みアクションを上書き]リンクを押します。



モバイルおよび Lightning のアクションの[LINEに発信]ボタンを追加します。

11.2.     Classic レコードページの設定

設定から「ケース」の「ページレイアウト」を表示します。



Case Layout」の編集画面を表示します。



ケース情報に「ソーシャルアカウント」、カスタムボタンに「LINEに発信」を追加します。


[カスタムコンソールコンポーネント]リンクを押します。



「サブコンポーネント」を表示します。

以下の設定を行います。

  • 右サイドバー (ナレッジサイドバー)

項目名

設定値 [LineChatCase]

スタイル

Stack

px

400~600

種類

Visualforceページ

Component

LineChatCase

表示ラベル

※任意

高さ %

100


  • 左サイドバー

項目名

設定値 [LineChatFiles]

設定値 [WhisperChat]

スタイル

Stack

px

400~600

種類

Visualforceページ

Visualforceページ

Component

LineChatFiles

WhisperChat

表示ラベル

※任意

※任意

高さ %

50

50

  • No labels