Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

You are viewing an old version of this page. View the current version.

Compare with Current View Page History

« Previous Version 2 Current »

目次

予定

カレンダーのテンプレート作成

テンプレートを使用することで、予定作成・編集時に設定した値が自動的に入力されるようにできます。

テンプレートの登録は以下の手順で行います。

  1. Salesforceの設定  ビルド > 開発 > カスタムメタデータ型

  2. ”カレンダーテンプレート”をクリックし、詳細画面を表示してください。
  3. ページレイアウトの編集で以下の項目が表示されているか確認してください。
    表示されていなければ追加し、保存してください。

    項目名
    件名
    終日
    開始時刻
    終了時刻
    有効
  4. カスタムメタデータ型の一覧画面に戻り、”カレンダーテンプレート”の[レコードの管理]をクリックしてください。
  5. [新規]ボタンより、テンプレートを登録してください。
  6. 以下の値を入力し、[保存]をクリックします。

    項目名説明
    表示ラベルテンプレートを選択する際に表示されるラベルです。
    カレンダーテンプレート名一意のテンプレート名です。管理用に使用します。 
    任意の名前を半角英数字とアンダースコアのみで入力してください。 
    件名予定の件名に使用される項目です。
    空欄で登録すると、自動入力の対象外になります。 
    終日予定の終日に使用される項目です。
    開始時刻予定の開始時刻に使用される項目です。HH:mm形式で入力してください。
    空欄、終日がONまたは不正な形式で登録すると、自動入力の対象外になります。   
    終了時刻予定の終了時刻に使用される項目です。HH:mm形式で入力してください。
    空欄、終日がONまたは不正な形式で登録すると、自動入力の対象外になります。 
    有効有効がONの場合、テンプレートとして使用できます。

施設


システム管理者がこの機能を利用する場合、「mitoco(Collaboration) Administrator」の権限セットの適用が必要です。

システム管理者以外のユーザーがこの機能を利用する場合、「mitoco(Collaboration) Calendar Facility Manager」の権限セットの適用が必要です。

施設の新規作成

新しい施設情報を作成します。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. [新規]ボタン>施設作成をクリックします。
  4. 項目(赤項目は必須)を入力します。
  5. [作成]をクリックします。


項目説明

名前説明
施設名施設名を入力します。
リソースId

リソースカレンダーのIdを指定します。
取得方法
1. Salesforceの設定 > ビルド > カスタマイズ > 活動 > 公開 & リソースカレンダー
リソースカレンダー から追加したいリソースカレンダーの名前をクリックします。
2.クリックした画面遷移後のURLの最後の「/」から後ろの15桁または18桁の文字列がリソースIdとなります。
例 : https://ドメイン.salesforce.com/023************ ←「023************」
※登録するリソースカレンダーの共有設定は以下で設定してください。

ユーザーとグループの共有で使用するユーザーまたはグループを追加します。

カレンダーのアクセス権を以下どちらかに設定してください。どちらを選択してもmitoco上での差異はありません。

  • 詳細の非表示、新規行動の追加

  • 詳細の表示、新規行動の追加

◆リソースカレンダーを使用しない

Salesforceのリソースカレンダーを使用せず、施設を登録します。

※機能制限

    • 施設を作成時のみこの設定を指定することができます。
    • Salesforceからこの施設の予定を参照することまたは登録することはできません。
    • Salesforceからこの施設を招集された予定を編集しますと、mitocoカレンダーと予定の不整合が発生し、予定の再作成が必要となります。
一覧から選択する

※本機能はシステム管理者のみ利用可能です

クリックすると、リソースカレンダー検索ポップオーバーが表示されます。

リソースカレンダー名で検索し、検索結果をクリックすると施設名, リソースIdが自動的に入力されます。

所属するグループ所属するグループを100件まで設定できます。

施設グループ名をフィールドに入力すると該当する施設グループが表示されます。
表示された施設グループをクリックすると追加されます。また、[解除]をクリックすると解除されます。
※検索は前方一致です。未入力は全検索となります。

IoT

IoTを使用するかを指定します。
使用する場合は以下の項目を設定します。

名前説明
端末IdIoT端末の親機のIdを入力します。
名前センサーの名前を入力します。
ドアセンサーIdドアセンサーのIdを入力します。
人感センサーId人感センサーのIdを入力します。
[センサー追加]施設のセンサーを追加します。
[センサー削除]施設のセンサーを削除します。

※使用するを選択しますと、カレンダーの会議室の状況に表示されます。

利用可能時間

利用可能時間を設定するかを指定します。

利用可能時間内にのみ施設の予定が作成できます。

アクセス制御アクセス制御を使用するか選択します。
写真施設の写真を指定します。
[ファイル追加]クリックするとアップロードするファイルを指定することができます。
最大700KBまでのgifまたはpng、jpgファイルをアップロードできます。指定がない場合はデフォルトの写真になります。
説明施設の説明を入力します。
[キャンセル]作成をキャンセルします。
[作成]施設を作成します。

アクセス制御の設定

施設へのアクセス可能なユーザ・ロールの指定を行います。

  1. [新規]ボタンもしくは[編集]ボタンをクリックします。
  2. [アクセス制御]を[公開範囲を指定する]を選択します。
  3. アクセスを許可するユーザ・ロールを選択してアクセス許可の設定を行います。
  4. [保存]ボタンをクリックします。
名前説明
アクセス範囲
  • すべての内部ユーザー(コミュニティの場合、[取引先名]に公開)
    すべてのユーザー(コミュニティの場合、同コミュニティ内の同取引先のユーザー)で利用できます。
  • 公開範囲を指定する
    ユーザ、ロールを合計100件まで選択し公開範囲の対象を設定します。
    ※コミュニティ使用の場合はユーザのみ選択できます。
    ※施設がSalesforceのリソースカレンダーを使用する場合、別途リソースカレンダーの共有設定が必要です。
ユーザー指定

ユーザーを指定してアクセス制御を行います。

1.[追加]ボタンをクリックします。
2.アクセス制御するユーザーを選択します。

ロール指定

ロールを指定してアクセス制御を行います。

1.[追加]ボタンをクリックします。
2.アクセス制御するロールを選択します。
3.アクセス範囲を指定します。

名前説明
ロール名選択したロールの名前が表示されます。
アクセス範囲アクセス範囲を指定できます。
    • このロールのみ(デフォルト)
    • 下位ロールを含める

施設の一括作成

施設を一括で10件作成できます。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. [新規]ボタン>施設一括作成をクリックします
  4. 項目(赤項目は必須)を入力します。
  5. [作成]をクリックします。

項目説明

名前説明
施設名施設名を入力します。
リソースIdリソースカレンダーのIdを指定します。取得方法は施設作成 を参照してください。
リソースカレンダーを使用しない

Salesforceのリソースカレンダーを使用せず、施設を登録します。

※機能制限

  • 施設を作成時のみこの設定を指定することができます。
  • Salesforceからこの施設の予定を参照することまたは登録することはできません。
  • Salesforceからこの施設を招集された予定を編集しますと、mitocoカレンダーと予定の不整合が発生し、予定の再作成が必要となります。
利用可能時間

利用可能時間を設定するかを指定します。
利用可能時間内にのみ施設の予定が作成できます。

アクセス制御アクセス制御を使用するか選択します。

施設の編集

作成した施設情報を更新します。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. グループ>すべて もしくは任意のグループ>所属する施設から編集したい施設をクリックします。
  4. [施設編集]をクリックします。
  5. 項目(赤項目は必須)を入力します。
  6. [保存]をクリックします。

施設の一括編集

施設の所属するグループや利用可能時間、アクセス制御を最大10件一括編集できます。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. グループ>すべて もしくは任意のグループ>所属する施設から一括編集したい施設をCtrlキー(macOSの場合Commandキー)+クリックで選択します。
  4. [一括編集]をクリックします。

施設のコピー

既存の施設の名前や所属するグループ、IoT設定、利用可能時間、アクセス制御、説明をコピーした施設を作成することができます。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. グループ>すべて もしくは任意のグループ>所属する施設からコピーしたい施設を選択します。
  4. [コピー]をクリックします。

施設の削除

施設を削除します。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. グループ>すべて もしくは任意のグループ>紐づく施設から編集したい施設をクリックします。
  4. [削除]をクリックします。

施設の一括削除

複数施設を最大10件削除します。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. グループ>すべて もしくは任意のグループ>所属する施設から一括削除したい施設をCtrlキー(macOSの場合Commandキー)+クリックで選択します。
  4. [一括削除]をクリックします。

施設グループ

施設グループの作成

施設グループを作成します。
作成したグループは権限を割り当てたユーザのカレンダーで表示されます。 

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. [新規]ボタン>施設グループ作成をクリックします。
  4. 項目(赤項目は必須)を入力します。
  5. [作成]をクリックします。

    項目説明

名前説明
施設グループ名施設グループ名を入力します。
※同名の施設グループは作成できません。
所有者グループの作成者を表示しています。
所属する施設

所属する施設を1,000件まで設定できます。
施設名をフィールドに入力すると該当する施設が表示されます。
表示された施設をクリックすると追加されます。また、[解除]をクリックすると解除されます。
※検索は前方一致です。未入力は全検索となります。

アクセス制御アクセス制御を使用するか選択します。

アクセス制御の設定

施設グループへのアクセス可能なユーザ・ロールの指定を行います。

  1. [新規]ボタンもしくは[編集]ボタンをクリックします。
  2. [アクセス制御]を[公開範囲を指定する]を選択します。
  3. アクセスを許可するユーザ・ロールを選択してアクセス許可の設定を行います。
  4. [保存]ボタンをクリックします。
名前説明
アクセス範囲
  • すべての内部ユーザー(コミュニティの場合、[取引先名]に公開)
    すべてのユーザー(コミュニティの場合、同コミュニティ内の同取引先のユーザー)で利用できます。
  • 公開範囲を指定する
    ユーザ、ロールを合計100件まで選択し公開範囲の対象を設定します。
    ※コミュニティ使用の場合はユーザのみ選択できます。
ユーザー指定

ユーザーを指定してアクセス制御を行います。

1.[追加]ボタンをクリックします。
2.アクセス制御するユーザーを選択します。

ロール指定

ロールを指定してアクセス制御を行います。

1.[追加]ボタンをクリックします。
2.アクセス制御するロールを選択します。
3.アクセス範囲を指定します。

名前説明
ロール名選択したロールの名前が表示されます。
アクセス範囲アクセス範囲を指定できます。
    • このロールのみ(デフォルト)
    • 下位ロールを含める

施設グループの一括作成

施設グループを一括で10件作成できます。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. [新規]ボタン>施設グループ一括作成をクリックします
  4. 項目(赤項目は必須)を入力します。
  5. [作成]をクリックします。

項目説明

名前説明
施設グループ名施設グループ名を入力します。
アクセス制御アクセス制御を使用するか選択します。

施設グループの編集

施設グループを編集します。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. 編集するグループをクリックします。
  4. [編集]をクリックします。
  5. 項目(赤項目は必須)を入力します。
  6. [保存]をクリックします。

施設グループの一括編集

施設グループのアクセス制御を最大10件一括編集できます。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. 一括編集したい施設グループをCtrlキー(macOSの場合Commandキー)+クリックで選択します。
  4. [一括編集]をクリックします。

施設グループのコピー

既存の施設グループの名前やアクセス制御をコピーした施設グループを作成することができます。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. コピーしたい施設グループを選択します。
  4. [コピー]をクリックします。

施設グループの削除

施設グループを削除します。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. 編集するグループをクリックします。
  4. [削除]をクリックします。

施設グループの一括削除

複数施設グループを最大10件削除します。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. 一括編集したい施設グループをCtrlキー(macOSの場合Commandキー)+クリックで選択します。
  4. [一括削除]をクリックします。

公開カレンダー

日本の休日や、会社のカレンダーなど、利用者全員で共有するカレンダーを登録しておくと、カレンダーの画面で利用することができます。

  1. Salesforceの設定画面 > ビルド > カスタマイズ > 活動 > 公開 & リソースカレンダーで、公開カレンダーを新規に登録します。
  2. 作成した公開カレンダーに対して、「共有」より、利用させたいユーザに対してアクセス権を付与します。 
  3. Salesforceのカレンダー画面で、作成した公開カレンダーに予定を作成します。
  4. mitocoの、アプリケーション設定画面で、 カレンダー > 公開カレンダーを選択し、表示された画面で「公開カレンダー追加」をクリックします。
  5. 下記の項目を設定し、作成をクリックします。

項目説明

名前説明
公開カレンダー名公開カレンダー名を入力します。
リソースId公開カレンダーのIdを指定します。
取得方法
1. Salesforceの設定ビルド > カスタマイズ > 活動 > 公開 & リソースカレンダー
公開カレンダー から追加したい公開カレンダーの名前をクリックします。
2.クリックした画面遷移後のURLの最後の「/」から後ろの15桁または18桁の文字列がリソースIdとなります。
例 : https://ドメイン.salesforce.com/023************ ←「023************」

※登録する公開カレンダーの共有設定は以下で設定してください。

ユーザーとグループの共有で使用するユーザーまたはグループを追加します。

カレンダーのアクセス権を以下どちらかに設定してください。どちらを選択してもmitoco上での差異はありません。

  • 詳細の非表示、新規行動の追加

  • 詳細の表示、新規行動の追加

休日カレンダーとして利用する

休日カレンダーとして利用すると、登録されている予定が休日として表示されます。

表示例:

写真公開カレンダーの写真を指定します。
[ファイル追加]クリックするとアップロードするファイルを指定することができます。
最大700KBまでのgifまたはpng、jpgファイルをアップロードできます。指定がない場合はデフォルトの写真になります。
説明公開カレンダーの説明を追加します。

公開方法設定

予定の作成で指定する「予定の公開方法」をカスタマイズし独自の種別を指定することができます。

事前準備: 活動カスタム項目として、選択リスト型の項目を作成しておきます。

  1. アプリケーション設定画面で、カレンダー > 公開方法設定 を選択します.
  2. ”有効”を選択し、「カスタム公開方法の項目」で利用したい選択リスト項目(事前準備で用意したカスタム項目)を選択し、保存をクリックします。


項目説明

名前説明
公開方法設定

はい・・・カスタムの公開方法を利用します。

カスタム公開方法の項目 ・・・ 公開方法として使用する選択リストを選択します。

いいえ・・・デフォルトの公開方法を利用します。

mitoco非公開チェックをONにすると、該当の公開方法の予定は編集・参照権限のないユーザーには予定の件名、場所が参照できなくなります。
件名には代わりに公開方法名が表示されます。
標準公開方法Salesforceの標準カレンダーで表示する場合に紐付けられる公開方法を指定します。
テーマ色選択カレンダー上で表示される公開方法種別の色を指定します。

表示設定

ページレイアウト

予定の作成、編集および参照画面で使用するページレイアウトの設定を行うことができます。

項目説明

名前説明
Salesforce標準のページレイアウトを使用する

はい・・・Salesforceで使用しているページレイアウトを使用します。

レコードタイプにより複数のページレイアウトがある場合予定作成時にページレイアウトが選択して予定を作成します。

いいえ・・・mitocoのページレイアウトを使用します。(デフォルト)

予定ポップオーバーに行動の項目セットを表示する

下記画面に表示する項目を行動オブジェクトの項目セットに設定した項目を表示できます。
使用する項目セットの設定は行動の項目セット設定をご参照ください。

  • 日表示、週表示、リスト表示、月表示で予定にマウスホバーした際に表示されるポップオーバー
  • カレンダーの通知の詳細
  • Lightning アプリケーションビルダーのMy Calenderコンポーネントで「Is Show Popover When Item Clicked」にチェックを入れ、予定をクリックした際に表示されるポップオーバー

はい・・・指定した行動オブジェクトの項目セットに指定した標準項目を表示します。

いいえ・・・項目セットの項目は表示せず、マニュアルに記載されている項目を表示します。

予定ポップオーバーにSalesforce標準のミニレイアウトの項目を表示する

Salesforce標準のページレイアウトを使用するが[はい]の場合設定可能です。

下記画面の予定情報の項目をSalesforceで使用しているページレイアウトのミニページレイアウトと同じにするか設定できます。

  • 日表示、週表示、リスト表示、月表示で予定にマウスホバーした際に表示されるポップオーバー
  • カレンダーの通知の詳細
  • Lightning アプリケーションビルダーのMy Calenderコンポーネントで「Is Show Popover When Item Clicked」にチェックを入れ、予定をクリックした際に表示されるポップオーバー

はい・・・ページレイアウトのミニページレイアウトと同じ項目を表示します。
     ※「種別」項目をミニページレイアウトで表示する設定にしても、ポップオーバーでは表示されません。

いいえ・・・ミニページレイアウトの項目は表示せず、マニュアルに記載されている項目を表示します。

Salesforce標準のページレイアウトの再取得

Salesforceでページレイアウトを変更した場合再取得することができます。

※ユーザがカレンダーを使用中に行うと予定が取得できなくなることがあります。

       ※ 他人の予定参照時に参照できないページレイアウトの場合はレコードタイプ[マスタ]のページレイアウトで予定を参照します。

       ※ 「Salesforce標準のページレイアウトを使用する」を[はい]または「Salesforce標準のページレイアウトの再取得」で[再取得]を行った際、ブラウザのリロードが必要です。
   操作実施後、ユーザに対してブラウザのリロードを実施していただくようご案内をお願いいたします。

日表示と週表示の予定に表示される項目の表示順序を変更する

日表示と週表示の予定に表示される 時間、件名、場所 の表示順序を設定します。

※デフォルトでは時間、件名、場所の表示順になっています


設定手順

  1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > mitoco カレンダー設定 の Manage をクリックします
  2. デフォルトの組織レベルの値 の [新規] をクリックします (すでに設定したことがあるときは [編集] をクリック)
  3. "表示オプション" の項目に以下のいずれかを入力します

    表示順入力文字
    1.時間 2.場所 3.件名time_location_subject
    1.時間 2.件名 3.場所(入力無し)
  4. [保存]をクリックします

活動の項目セットの設定

ページレイアウト設定にて、[予定ポップオーバーに行動の項目セットを表示する]を有効にした時に表示する項目セットを設定します。

使用する項目セット設定はユーザ、プロファイル、組織のレベルでそれぞれ設定することができます。

※ コミュニティユーザに対するユーザレベルの設定を行えません。プロファイルレベルでの設定を行ってください。

優先度

設定は以下の順の優先度で適用されます。

    • ユーザ
    • プロファイル
    • 組織のデフォルト値

※組織のデフォルト値とユーザレベルを設定していた場合、ユーザレベルに設定した項目セットを表示します。

設定手順

【項目セットの設定】

  1. Salesforceの設定画面 ビルド > カスタマイズ > 活動 > 行動の項目セット の 新規 をクリックします。
  2. 項目セットの
  3. 作成した項目セットの 編集 をクリックします
  4. 表示したい項目を[項目セットで]に追加します。
    ※表示可能な項目は標準項目となります。
  5. 項目セットの API参照名をコピーします


【組織レベル】

  1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > mitoco カレンダー項目セット の Manage をクリックします。
  2. デフォルトの組織レベルの値 の [新規] (又は [編集])をクリックします。
  3. 行動 項目セット API 参照名に項目セットの設定 手順5でコピーした項目セットのAPI参照名をペーストします。
  4. [保存] をクリックします。


【ユーザレベル・プロファイルレベル】

  1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > mitoco カレンダー項目セット の Manage をクリックします。
  2. ビュー内 の [新規] (又は対象の設定の "編集" )をクリックします。
  3. 保存場所 のレベルを プロファイル 又は ユーザ のいずれかを選択し設定します。
  4. 行動 項目セット API 参照名に項目セットの設定 手順5でコピーした項目セットのAPI参照名をペーストします。
  5. [保存] をクリックします。


IoT設定

IoTの認証を行う

IoTを使用するための認証を行います。
※IoTの認証を行わないと会議室状況が表示されません。

  1. Salesforceの設定画面 管理 > セキュリティのコントロール > リモートサイトの設定 > 新規リモートサイト でIoT ServerのURLを登録する。

    リモートサイト名mitocoIoTServer (アンダースコアと英数字のみ)
    リモートサイトのURLhttps://api.fastio.jp
    有効チェック
  2. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。

  3. カレンダー > IoTをクリックします。
  4. 項目(赤項目は必須)を入力します。
  5. [アクセストークンを取得する]をクリックします。


項目説明

名前説明
認証コード認証コードを入力します。
クライアントIdクライアントIdを入力します。
ドメインドメインを入力します。
更新間隔IoT情報の更新間隔を選択します。
※会議室の状況のデータは前回取得時間から更新間隔を経過すると最新のデータを取得します。

IoTの認証済みの確認

画面の上部に、認証状況に応じて、下記のメッセージが表示され判別することが可能です。

状況メッセージ内容文字色
認証済みの場合認証情報は設定済みです。
認証していない場合認証情報は未設定です。

パートナーユーザ設定

パートナーユーザーでコミュニティのカレンダーを使う場合の設定

パートナーユーザー用のプロファイルをコピーしたプロファイルを作成します。
作成手順は下記リンクをご確認ください。

パートナーユーザーでコミュニティのカレンダーを使う場合の設定

他人の予定の編集権限の設定

"他人の予定の編集権限"を設定します。他人の予定の編集権限 を設定すると、他人の予定の閲覧や編集を行えるようになります。

他人の予定の編集権限 はユーザ、プロファイル、組織のレベルでそれぞれ設定することができます。

※ コミュニティユーザに対するユーザレベルの設定を行えません。プロファイルレベルでの設定を行ってください。


優先度

設定は以下の順の優先度で適用されます。

    • ユーザ
    • プロファイル
    • 組織のデフォルト値

※組織のデフォルト値を有効に設定しても、ユーザレベルで無効にしているとそのユーザは無効となります


設定手順

【組織レベル】

  1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > mitoco カレンダー権限設定 の Manage をクリックします。
  2. デフォルトの組織レベルの値 の [新規] (又は [編集])をクリックします。
  3. 他人の予定の編集権限権限 をチェックまたは未チェックにします。
  4. [保存] をクリックします。


【ユーザレベル・プロファイルレベル】

  1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > mitoco カレンダー権限設定 の Manage をクリックします。
  2. ビュー内 の [新規] (又は対象の設定の "編集" )をクリックします。
  3. 保存場所 のレベルを プロファイル 又は ユーザ のいずれかを選択し設定します。
  4. 他人の予定の編集権限権限 をチェックまたは未チェックにします。
  5. [保存] をクリックします。

関連先絞り込みの設定

関連先絞り込みの設定を行うと、予定の作成や編集において関連先に選択できるオブジェクトを指定でき並び順を変更することができます。

関連先絞り込み設定はユーザ、プロファイルでそれぞれ設定することができます。

※ コミュニティユーザに対するユーザレベルの設定を行えません。プロファイルレベルでの設定を行ってください。


優先度

設定は以下の順の優先度で適用されます。

    • ユーザ
    • プロファイル

※ユーザレベルとプロファイルレベルを設定していた場合、ユーザレベルの設定内容を表示します。


設定手順

  1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > mitoco カレンダー関連先フィルタ設定 の Manage をクリックします。
  2. ビュー内 の [新規] (又は対象の設定の "編集" )をクリックします。
  3. 保存場所 のレベルを プロファイル 又は ユーザ のいずれかを選択し設定します。
  4. それぞれ値を入力します。

    名前説明
    関連先絞り込み使用可否チェックボックス関連先絞り込み設定を有効にするか設定します。
    絞り込む関連先の一覧テキスト

    表示したい関連先オブジェクトのAPI参照名(例:取引先オブジェクトはAccount)をカンマ区切りで入力します。
    先頭に入力したAPI参照名が初期選択されます。

  5. [保存] をクリックします。

ページレイアウト項目並び順の設定

ページレイアウト項目並び順の設定を行うと、予定の作成、編集、詳細において表示される項目の並び順を変更できます。

ページレイアウト項目並び順の設定はプロファイル、組織でそれぞれ設定することができます。


優先度

設定は以下の順の優先度で適用されます。

    • プロファイル
    • 組織

※プロファイルレベルと組織レベルを設定していた場合、プロファイルレベルの設定内容を表示します。


設定手順

  1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > mitoco ページレイアウト項目並び順設定 の Manage をクリックします。
  2. 組織レベルでの設定であれば、デフォルトの組織レベルの値の上にある[新規]を、プロファイルレベルでの設定であればビュー内 の [新規] (又は対象の設定の "編集" )をクリックします。
  3. ビュー内 の [新規] (又は対象の設定の "編集" )をクリックした場合、保存場所 のレベルを プロファイルに設定します。
  4. 値を設定します。

    名前説明
    ページレイアウト項目の並び順を行毎の折返しで表示するチェックボックス

    作成、編集、詳細において使用しているSalesforce標準のページレイアウトの並び順を行毎の折り返しで表示するか設定します。

    チェックボックスがONの時、使用しているSalesforce標準のページレイアウトの項目を1行目の左, 右、2行目の左, 右と繰り返しで表示されるようになります。

    チェックボックスがOFFの時、使用しているSalesforce標準のページレイアウトの項目を左列の上から下まで表示され、その後右列の上から下まで表示されるようになります。

  5. [保存] をクリックします。
  • No labels