Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

目次

できること

Salesforceの[ユーザ]オブジェクトの[代理承認者]項目に加えて、mitocoでは以下の機能を使用することで、追加の代理承認者を設定することができます。

機能概要
代理承認者設定

ワークフローで利用する代理承認者を追加で設定することができます。

設定した代理承認者は有効/無効の切り替え、代理期間の指定を行うことができます。

 

申請承認時には以下の条件を満たす代理承認者が利用されます。

  • 代理承認者 項目が入力済みである。
  • 有効である。
  • 代理期間内である。
    (前のステップの処理(申請or承認)時点で代理期間内である)

※ Salesforceの[ユーザ]オブジェクトの[代理承認者]項目も併せて利用できます。

利用にあたって

自分以外のユーザの代理承認者を設定できるようにするためには、下記2つのどちらかを実施する必要があります。

  • 権限セット [mitoco(Approvals) DelegatedApprover Management] を割り当てる

  • システム管理者権限の [ユーザの管理] もしくは [内部ユーザの管理] を付与する

代理承認者設定

代理承認者の参照

代理承認者を確認します。

  1. 左のアイコンメニューのギアアイコンをクリックします。
  2. 代理承認者設定をクリックし、代理承認者設定画面を開きます。

代理承認者の登録

代理承認者を確認します。

  1. 左のアイコンメニューのギアアイコンをクリックします。
  2. 代理承認者設定をクリックし、代理承認者設定画面を開きます。
  3. 新規ボタンをクリックし、代理承認者登録ダイアログを開きます。
  4. 以下の項目を設定します。

    項目設定値
    代理承認者

    必須項目です。
    代理承認者として委任するユーザを選択します。

    Suzuki Tarou
    有効期間FROM代理期間の開始日時を入力します。2017/01/01 00:00
    有効期間TO代理期間の終了日時を入力します。2018/01/01 00:00
    有効有効か無効かを指定します。チェックすることで有効になります。
  5. 保存ボタンをクリックします。

代理承認者の編集

代理承認者を編集します。

  1. 左のアイコンメニューのギアアイコンをクリックします。
  2. 代理承認者設定をクリックし、代理承認者設定画面を開きます。
  3. 一覧から編集リンクをクリックし、代理承認者登録ダイアログを開きます。
  4. 項目を編集し、保存ボタンをクリックします(項目は代理承認者の登録を参照してください)。

代理承認者の削除

代理承認者を削除します。

  1. 左のアイコンメニューのギアアイコンをクリックします。
  2. 代理承認者設定をクリックし、代理承認者設定画面を開きます。
  3. 一覧から削除リンクをクリックすると、「削除してもよろしいですか?」のメッセージが表示されます。

  4. はいボタンをクリックします。

自分以外のユーザの代理承認者設定

自分以外のユーザの代理承認者を設定します。「利用にあたって」の設定がされているユーザのみ可能な操作となります。
代理承認者の設定範囲の制御が設定されている場合、選択したユーザによっては代理承認者設定が行えないことがあります。

  1. 代理承認者設定画面で、他の承認者の代理承認者を設定するリンクをクリックし、ユーザ選択ダイアログを開きます。
  2. OKをクリックします。

注意事項

  • 対象ユーザにmitocoワークフローの権限セットが割り当てられていない場合、代理承認者の設定を行うことはできません。
    mitocoワークフローの権限セットを割り当て後、再度代理承認者設定を行ってください。
     エラーメッセージ:「指定のユーザにmitocoワークフローの権限セットが付与されていないため、代理承認者を設定できません。」
  • No labels