Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

Salesforceコンソール画面上で動作する機能を有効化する機能です。作成したページをSalesforceコンソールで利用する際にチェックをしてください。
尚、Salesforceレイアウト、自由レイアウト、親子オブジェクトテンプレート、検索画面テンプレートの時のみ表示される機能です。

プロパティ名

設定内容

Salesforceコンソールで利用

Salesforceコンソール機能を有効化します。
  デフォルト値:チェックなし

未保存マーク表示

ページ内容に未保存のデータが存在するマーク(*)をページタイトルに表示します。
「Salesforceコンソールで利用」にチェックありの場合に表示
  デフォルト値:チェックなし

 

当機能を有効化することで、下記の機能が有効化された画面になります。
これらの機能はSalesforce コンソールインテグレーションツールキットを使用していますので、詳細機能を確認されたい方は、当ページ最下部にリンクを記載したSalesforceの開発ドキュメントを参照ください。

  • ”外部ページ” ではないページタイトルを表示

「Salesforceコンソールで利用」にチェックありの場合に有効化され、主タブ更新時(ページ遷移時)やサブタブ表示時(別タブによるページ遷移時)のページタイトルを設定します。
下記の優先順位で設定可能です。

      1. Studioで指定した「ページタイトル
      2. 表示ページレコードのName項目値
      3. Studioで指定した「Visualforceページの表示ラベル

そのため、全てのページを固定表示させたい場合は i. を使用。参照・編集ページで動的にタイトルを表示させたい場合は ii. を使用し、Name項目値が存在しない新規ページではVisualforceページの表示ラベルを使用。のような使い方があります。

尚、当機能をチェックなしの状態でSalesforceコンソール画面で表示すると ”外部ページ” が表示されます。

  • 未保存マーク表示とページを閉じる時に確認ダイアログを表示

「未保存マーク表示」にチェックありの場合に、タブのページタイトルに未保存のデータを示す記号(*)が常に表示されます。表示されたタブページを閉じようとすると、確認ダイアログが表示されます。
そのため、新規登録画面や編集画面での使用が想定されています。

尚、「未保存マーク表示」にチェックなしの場合は、未保存のデータがページ内に存在していても記号(*)は表示されません。

  • 画面を開く時に現在のタブ、別タブを指定可能に

「Salesforceコンソールで利用」にチェックありの場合、Salesforceコンソール利用時でも画面遷移を行えるようになります。
また、「別ウィンドウで開く」プロパティにチェックありの場合は、別ウィンドウではなく別タブで開くように動作します。

 

参考: Salesforce コンソールインテグレーションツールキットの概要
https://developer.salesforce.com/docs/atlas.ja-jp.204.0.api_console.meta/api_console/sforce_api_console_intro.htm

  • No labels