Skip to end of metadata
Go to start of metadata

目次

 

VisualforceぺージURL設定

各アプリケーションで、ファイルの添付・ファイルのプレビューを行うため、以下設定を行ってください。

(※ver 4.0.0よりこの設定は不要になりました)

設定手順

  1. salesforceにログインし、以下URLにアクセスする。
    ・ (Salesforce インスタンスURL)/apex/TSMNTBS__CMN_Setup

    ※もしくは、以下ぺージのプレビュー画面を表示する。
     設定 > アプリケーションの設定 > 開発 > Visualforceぺージ
     ・mitoco_setup

  2. mitoco設定画面が表示されるので、[取得]ボタンを押下する。
  3. VisualforceぺージURLが設定される。

mitoco設定

ボタン内容
取得

組織のVisualforceぺージURLを取得し、設定します。

リセット

設定しているVisualforceぺージURLをリセットします。

未設定の場合、ファイルの添付、ファイルのプレビューは利用できません。

PDFプレビュー設定

各アプリケーション内で、PDFが添付されている場合、以下設定を実施することでプレビューすることが可能になります。

(※こちらの設定は組織すべてに影響します。)

設定場所

共有設定について下記の画面より設定します。

設定 > セキュリティのコントロール > ファイルのアップロードおよびダウンロードセキュリティ 

ファイル処理オプション

ファイルの種類ダウンロード動作
.pdf

 ブラウザで実行

翻訳設定

mitocoを利用するために、翻訳設定を有効化してください。

設定場所

設定 > トランスレーションワークベンチ > 翻訳設定

・”有効化”のボタンをクリックして、有効化してください。

※既に有効化されている場合はそのままで結構です。

Push通知設定

mitoco モバイルアプリでPush通知を利用するために、リモートサイト、APIキーの設定をして下さい。

 

リモートサイトの設定

Salesforceの設定画面 管理 > セキュリティのコントロール > リモートサイトの設定 > 新規リモートサイト

リモートサイト名mitocoAPI
リモートサイトのURLhttps://api.mitoco.net
有効チェック

 

APIキーの設定

Salesforceの設定画面  開発 > カスタム設定 > モバイル認証 の Manageを選択 > 編集ボタン

・APIキー:[弊社から発行したAPIキーを入力]

APIの有効化

以下機能を利用する場合、APIの有効化の設定が必要となります。利用する場合は有効化してください。

  • 添付ファイルとファイルプレビュー
  • ユーザ詳細表示

設定手順

  1. 組織にログインし、[設定]から[クイック検索]ボックスに「プロファイル」と入力し、[プロファイル]を選択する
  2. 添付ファイルを扱うユーザのプロファイルの[編集]を選択する

[APIの有効化]が変更できない場合、プロファイルをコピーしてから編集してください。

活動のカスタム項目の上限について

mitocoでは活動オブジェクトに対しカスタム項目を作成しますので、組織の上限数を超えないようにして下さい。

活動のカスタム項目の利用状況の確認

Salesforceの設定画面 カスタマイズ > 活動 > 活動カスタム項目

画面上部に表示される

活動ページに表示される項目です。活動カスタム項目は、[n] 個まで作成できます。

の[n]個が組織の作成上限になります。

※mitocoでは8個のカスタム項目を使用しますので、[既存の組織の活動カスタム項目の総数] + 8 が [n] を超えないようにしてください。

重要な更新について

セールスフォースの重要な更新につきましては、原則「無効」にした状態でご利用をお願いいたします。

重要な更新の有効・無効の確認

組織にログインし、[設定]から[クイック検索]ボックスに「重要な更新」と入力し、[重要な更新]を選択してください。

各項目の[状況]に「無効」と表示されているものは無効になっております。

「有効」と表示されているものは有効になっておりますので、[アクション]の「無効化」をクリックして無効にしてください。

  • No labels