Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

目次

申請対象オブジェクトの共有設定

Salesforceの標準オブジェクトや、組織独自のカスタムオブジェクトをワークフローの対象オブジェクトとして利用することができます。

但し、申請者/承認者は対象オブジェクトへの参照権がないと申請/承認処理を行うことができません。管理者は予めプロファイル設定や共有ルール等を利用することで、対象オブジェクトレコードを申請者/承認者が参照(あるいは編集)できるように設定しておく必要があります。

 

カスタムボタンの追加

Salesforceの標準オブジェクトや、組織独自のカスタムオブジェクトをワークフローの対象オブジェクトとして利用する場合

カスタムボタンを作成し、オブジェクトの詳細画面に配置することにより、オブジェクトの詳細画面から申請承認画面に遷移させることができます。

設定 > カスタマイズ 

  1. カスタムボタンの作成
    1. ワークフローの対象オブジェクト > ボタン、リンク、およびアクションをクリックします。
    2. [新規ボタンまたはリンク]をクリックします。
    3. 項目を入力します。
      項目説明

      名前設定値備考
      表示ラベル申請・承認 
      名前任意任意の文字列で構いません。
      説明任意 
      表示の種類詳細ページボタン 
      動作現在のウィンドウにサイドバー付きで表示 
      内容のソースURL 
      構文/apex/TSMNTWF__WF_Instance?id=オブジェクトのID(※)  ※ オブジェクトのIDは、項目の挿入プルダウンにて選択し、構文に差し込むことが可能です。 
    4. [構文を確認]をクリックし、入力内容に問題がないことを確認します。
    5. [保存]をクリックします。

  2. カスタムボタンの配置
    1. ワークフローの対象オブジェクト > ページレイアウトをクリックします。
    2. 編集をクリックします。
    3. 画面上部の左メニューよりボタンをクリックします。
    4. 画面上部の左メニューの右側に、作成したカスタムボタンをドラッグします。
    5. カスタムボタンエリアにドロップします。
    6. [保存]をクリックします。

タブによる一覧画面の表示

本ワークフロー画面をタブに配置することができます。

設定 > ビルド > 作成 > タブ

  1. Visualforceタブ [新規]をクリックします。
  2. 項目を入力します。

    名前設定値備考
    Visualforce ページWF_InstanceList 
    タブの表示ラベル任意任意の文字列で構いません。
    タブ名任意任意の文字列で構いません。
    タブスタイル任意任意のスタイルで構いません。
    スプラッシュページのカスタムリンク--なし-- 
    説明任意 
  3. [次へ]をクリックします。
  4. ステップ 2. プロファイルに追加 にて、適切な設定を行い、[次へ]をクリックしますT。
  5. ステップ 3. カスタムアプリケーションに追加 にて、適切な設定を行い、[保存]をクリックします。


     

ホームページのコンポーネントとして一覧画面の表示

本ワークフロー画面をホームページのコンポーネントとして配置することができます。

ホームページのコンポーネントに配置することで、素早く申請済み、処理待ち、処理済みの一覧を確認できます。

  1. ホームページコンポーネントの作成

 設定>カスタマイズ>ホーム>ホームページのコンポーネント

    1. カスタムコンポーネントの[新規]をクリックします。
    2. 「ステップ 1. 新規カスタムコンポーネント」にて、下記のように設定し、[次へ]をクリックします。

      名前設定値備考
      名前任意任意の文字列で構いません。
      種別Visualforce エリア 
    3. 「ステップ 2. 新規カスタムコンポーネント」にて、下記のように設定し、[次へ]をクリックします。

      名前設定値備考
      コンポーネントの位置広い (右) 列 
      Visualforce ページWF_InstanceListForHome[TSMNT__WF_InstanceListForHome] 
      高さ (ピクセル単位)500以上(推奨)設定値が500以下だと正常に表示を行うことができません。
      任意 
      チェック無し 
    4. [保存]をクリックする。
  1. 作成したホームページコンポーネントをホームページレイアウトに追加する
    設定>カスタマイズ>ホーム>ホームページのレイアウト 
    1. (1.)で作成したホームページコンポーネントを配置するホームページレイアウトの[編集]をクリック
    2. 「ステップ 1. 表示するコンポーネントの選択」にて、「表示する広いコンポーネントの選択」セクション内にある
      (1.)で作成したホームページコンポーネントにチェックを入れ、[次へ]をクリック
    3. 「ステップ 2. その他のコンポーネント」にて、
      設定画面右側の「広い(右)列」に(1.)で追加したホームページコンポーネントがあることを確認し、[保存]をクリック

ロック中のレコード表示について

プロセスの設定でレコードをロックする設定をした場合、当該レコードの詳細画面において、編集ボタンの左隣に鍵マークが表示されます。

この状態で「編集」ボタンを押すと、次のようなエラーが表示されます。

なお、システム管理者でレコードにアクセスした場合には「レコードのロック解除」ボタンが併せて表示されます。

鍵マークが表示されない場合

設定 > ビルド > 作成 > ワークフローと承認申請 > 承認プロセス から当該オブジェクトの承認プロセスを作成してください。そのプロセスを一度「有効化」して、すぐに「無効化」することでSalesforce内部での処理がなされ、鍵アイコンが表示できるようになります。なお、無効化した承認プロセスは削除しないでください。削除すると再び鍵アイコンが表示されない状態に戻ります。

なお、この動作はSummer '19の環境で2019年4月24日に確認しています。

  • No labels