Skip to end of metadata
Go to start of metadata

目次

予定

カレンダーの共有設定

他人の予定を作成可能にするために共有設定を行ってください。

      1. Salesforceの設定 > 管理 > セキュリティのコントロール > 共有設定

      2. 編集からカレンダーの[デフォルトの内部アクセス権]を以下どちらかに設定してください。どちらを選択してもmitoco上での差異はありません。

        • 詳細の非表示、新規行動の追加

        • 詳細の表示、新規行動の追加

カレンダーのテンプレート作成

テンプレートを使用することで、予定作成・編集時に設定した値が自動的に入力されるようにできます。

テンプレートの登録は以下の手順で行います。

  1. Salesforceの設定  ビルド > 開発 > カスタムメタデータ型

  2. ”カレンダーテンプレート”をクリックし、詳細画面を表示してください。
  3. ページレイアウトの編集で以下の項目が表示されているか確認してください。
    表示されていなければ追加し、保存してください。

    項目名
    件名
    終日
    開始時刻
    終了時刻
    有効
  4. カスタムメタデータ型の一覧画面に戻り、”カレンダーテンプレート”の[レコードの管理]をクリックしてください。
  5. [新規]ボタンより、テンプレートを登録してください。
  6. 以下の値を入力し、[保存]をクリックします。

    項目名説明
    表示ラベルテンプレートを選択する際に表示されるラベルです。
    カレンダーテンプレート名一意のテンプレート名です。管理用に使用します。 
    任意の名前を半角英数字とアンダースコアのみで入力してください。 
    件名予定の件名に使用される項目です。
    空欄で登録すると、自動入力の対象外になります。 
    終日予定の終日に使用される項目です。
    開始時刻予定の開始時刻に使用される項目です。HH:mm形式で入力してください。
    空欄、終日がONまたは不正な形式で登録すると、自動入力の対象外になります。   
    終了時刻予定の終了時刻に使用される項目です。HH:mm形式で入力してください。
    空欄、終日がONまたは不正な形式で登録すると、自動入力の対象外になります。 
    有効有効がONの場合、テンプレートとして使用できます。

 

目次に戻る

施設

施設の新規追加

 新しい施設情報を追加します。
 ※システム管理者がこの機能を利用する場合、「mitoco(Collaboration) Administrator」の権限セットの適用が必要です。
 ※システム管理者以外のユーザーがこの機能を利用する場合、「mitoco(Collaboration) Calendar Facility Manager」の権限セットの適用が必要です。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. グループ>すべて>[施設追加]をクリックします。
  4. [施設追加]をクリックします。
  5. 項目(赤項目は必須)を入力します。
  6. [作成]をクリックします。

 

項目説明

名前説明
施設名施設名を入力します。
リソースId

リソースカレンダーのIdを指定します。
取得方法
1. Salesforceの設定 > ビルド > カスタマイズ > 活動 > 公開 & リソースカレンダー
リソースカレンダー から追加したいリソースカレンダーの名前をクリックします。
2.クリックした画面遷移後のURLの最後の「/」から後ろの15桁または18桁の文字列がリソースIdとなります。
例 : https://ドメイン.salesforce.com/023************ ←「023************」
※登録するリソースカレンダーの共有設定は以下で設定してください。

ユーザーとグループの共有で使用するユーザーまたはグループを追加します。

カレンダーのアクセス権を以下どちらかに設定してください。どちらを選択してもmitoco上での差異はありません。

  • 詳細の非表示、新規行動の追加

  • 詳細の表示、新規行動の追加

◆リソースカレンダーを使用しない

Salesforceのリソースカレンダーを使用せず、施設を登録します。

※機能制限

    • 施設を追加時にのみこの設定を指定することができます。
    • Salesforceからこの施設の予定を参照することまたは登録することはできません。
    • Salesforceからこの施設を招集された予定を編集しますと、mitocoカレンダーと予定の不整合が発生し、予定の再作成が必要となります。
紐づくグループ紐付いている施設グループが表示されます。
変更後のグループ紐付けるグループを指定します。

※検索文字をフィールドに指定し[検索]をクリックすると検索結果の施設グループが表示されます。
表示された施設グループの[紐付ける]をクリックすると追加されます。また[解除]をクリックすると解除されます。
検索は前方一致です。未入力は全検索となります。
IoT

IoTを使用するかを指定します。
使用する場合は以下の項目を設定します。

名前説明
端末IdIoT端末の親機のIdを入力します。
名前センサーの名前を入力します。
ドアセンサーIdドアセンサーのIdを入力します。
人感センサーId人感センサーのIdを入力します。
[センサー追加]施設のセンサーを追加します。
[センサー削除]施設のセンサーを削除します。

※使用するを選択しますと、カレンダーの会議室の状況に表示されます。

利用可能時間

利用可能時間を設定するかを指定します。

利用可能時間内にのみ施設の予定が作成できます。

写真施設の写真を指定します。
[ファイル追加]クリックするとアップロードするファイルを指定することができます。
最大700KBまでのgifまたはpng、jpgファイルをアップロードできます。指定がない場合はデフォルトの写真になります。
説明施設の説明を入力します。
[キャンセル]作成をキャンセルします。
[作成]施設を作成します。

目次に戻る

施設の編集

作成した施設情報を更新します。

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. グループ>すべて もしくは任意のグループ> 紐づく施設から編集したい施設をクリックします。
  4. [施設編集]をクリックします。
  5. 項目(赤項目は必須)を入力します。
  6. [保存]をクリックします。

目次に戻る

施設の削除

施設を削除します。

    1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
    2. カレンダー>施設をクリックします。
    3. グループ>すべて もしくは任意のグループ> 紐づく施設から編集したい施設をクリックします。
    4. [施設編集]をクリックします。
    5. [削除]をクリックします。

項目説明

名前説明
[キャンセル]編集をキャンセルします。
[削除]施設を削除します。
[保存]施設を保存します。

目次に戻る

施設グループ

施設グループの作成

施設グループを作成します。
作成したグループは権限を割り当てたユーザのカレンダで表示されます。 

  1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
  2. カレンダー>施設をクリックします。
  3. [グループ追加]をクリックします。
  4. 項目(赤項目は必須)を入力します。
  5. [作成]をクリックします。

    項目説明

名前説明
施設グループ名施設グループ名を入力します。
※同名の施設グループは作成できません。
所有者グループの作成者を表示しています。
紐づく施設

紐づく施設を表示しています。

[解除]をクリックするとグループから削除されます。

追加施設

施設を追加します。
施設名を入力し[検索]をクリックすると施設の一覧が表示されます。
表示施設から[紐付ける]で紐付けることができます。
検索は前方一致です。未入力は全検索となります。

アクセス制御アクセス制御を使用するか選択します。

アクセス制御の設定

施設グループへのアクセス可能なユーザの指定を行います。

  1. [新規]ボタンもしくは[編集]ボタンをクリックします。
  2. [アクセス制御]の[使用する]にチェックします。
  3. アクセスを許可するロール、ユーザを選択してアクセス許可の設定を行います。
  4. [保存]ボタンをクリックします。
名前説明
ロール指定

ロールを指定してアクセス制御を行います。

1.[追加]ボタンをクリックします。
2.アクセス制御するロールを選択します。
3.アクセス権限、アクセス範囲を指定します。

名前説明
ロール名選択したロールの名前が表示されます。
アクセス権限アクセス権限を指定できます。
    • 読み取り専用
    • 書き込み可
アクセス範囲アクセス範囲を指定できます。
    • このロールのみ(デフォルト)
    • 下位ロールを含める
ユーザー指定

ユーザーを指定してアクセス制御を行います。

1.[追加]ボタンをクリックします。
2.アクセス制御するユーザーを選択します。
3.アクセス権限を指定します。

名前説明
ユーザー名選択したユーザの名前が表示されます。
アクセス権限アクセス権限を指定できます。
    • 読み取り専用
    • 書き込み可

目次に戻る

施設グループの編集

施設グループを編集します。

        1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
        2. カレンダー>施設をクリックします。
        3. 編集するグループをクリックします。
        4. [グループ編集]をクリックします。
        5. 項目(赤項目は必須)を入力します。
        6. [保存]をクリックします。

目次に戻る

施設グループの削除

施設グループを削除します。

        1. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。
        2. カレンダー>施設をクリックします。
        3. 編集するグループをクリックします。
        4. [グループ編集]をクリックします。
        5. [削除]をクリックします。

項目説明

 

名前説明
[キャンセル]編集をキャンセルします。
[削除]施設グループを削除します。
[保存]施設グループを保存します。

目次に戻る

公開カレンダー

日本の休日や、会社のカレンダーなど、利用者全員で共有するカレンダーを登録しておくと、カレンダーの画面で利用することができます。

    1. Salesforceの設定画面 > ビルド > カスタマイズ > 活動 > 公開 & リソースカレンダーで、公開カレンダーを新規に登録します。
    2. 作成した公開カレンダーに対して、「共有」より、利用させたいユーザに対してアクセス権を付与します。 
    3. Salesforceのカレンダー画面で、作成した公開カレンダーに予定を作成します。
    4. mitocoの、アプリケーション設定画面で、 カレンダー > 公開カレンダーを選択し、表示された画面で「公開カレンダー追加」をクリックします。
    5. 下記の項目を設定し、作成をクリックします。

項目説明

名前説明
公開カレンダー名公開カレンダー名を入力します。
リソースId公開カレンダーのIdを指定します。
取得方法
1. Salesforceの設定ビルド > カスタマイズ > 活動 > 公開 & リソースカレンダー
公開カレンダー から追加したい公開カレンダーの名前をクリックします。
2.クリックした画面遷移後のURLの最後の「/」から後ろの15桁または18桁の文字列がリソースIdとなります。
例 : https://ドメイン.salesforce.com/023************ ←「023************」

※登録する公開カレンダーの共有設定は以下で設定してください。

ユーザーとグループの共有で使用するユーザーまたはグループを追加します。

カレンダーのアクセス権を以下どちらかに設定してください。どちらを選択してもmitoco上での差異はありません。

  • 詳細の非表示、新規行動の追加

  • 詳細の表示、新規行動の追加

休日カレンダーとして利用する

休日カレンダーとして利用すると、登録されている予定が休日として表示されます。

表示例:

写真公開カレンダーの写真を指定します。
[ファイル追加]クリックするとアップロードするファイルを指定することができます。
最大700KBまでのgifまたはpng、jpgファイルをアップロードできます。指定がない場合はデフォルトの写真になります。
説明公開カレンダーの説明を追加します。

目次に戻る

公開方法設定

予定の作成で指定する「予定の公開方法」をカスタマイズし独自の種別を指定することができます。

 

事前準備: 活動カスタム項目として、選択リスト型の項目を作成しておきます。

    1. アプリケーション設定画面で、 カレンダー > 公開方法設定 を選択します.
    2. ”有効”を選択し、「カスタム公開方法の項目」で利用したい選択リスト項目(事前準備で用意したカスタム項目)を選択し、保存をクリックします。

項目説明

名前説明
公開方法設定

はい・・・カスタムの公開方法を利用します。

カスタム公開方法の項目 ・・・ 公開方法として使用する選択リストを選択します。

いいえ・・・デフォルトの公開方法を利用します。

標準公開方法Salesforceの標準カレンダーで表示する場合に紐付けられる公開方法を指定します。
テーマ色選択カレンダー上で表示される公開方法種別の色を指定します。

目次に戻る

ページレイアウト

 予定の作成、編集および参照画面で使用するページレイアウトの設定を行うことができます。

事前準備:ページレイアウトを使用するためには、以下設定を行ってください。

        • Salesforceの設定画面 管理 > セキュリティのコントロール > リモートサイトの設定 > 新規リモートサイト でVisualforceページURLを登録する。

          リモートサイト名mitocoPageLayout(アンダースコアと英数字のみ)
          ※同じリモートサイト名がある場合は別の名称(mitocoPageLayout2など)にしてください。
          リモートサイトのURL下記の◆[VisualforceページURL取得]を参考にURLを取得したものを指定してください。
          有効チェック

          ◆[VisualforceページURL取得]

          1. salesforceにログインし、以下URLにアクセスしてください。
            ・ (Salesforce インスタンスURL)/apex/TSMNTBS__CMN_Setup

            ※もしくは、以下ぺージのプレビュー画面を表示する。
             設定 > ビルド > 開発 > Visualforceページ
             ・mitoco_setup

          2. mitoco設定画面が表示されるので、[取得]ボタンを押下してください。
          3. VisualforceページURLが表示されたものをコピーしてください。
          4. 取得したURLの[tsmntbs]を[tsmntclb]に変更したURLを「リモートサイトのURL」に指定してください。
          ※コミュニティの場合のリモートサイトのURLは以下操作で設定してください。
          1. コミュニティにログイン後のURLをリモートサイトのURL」に指定してください。

※重要な更新「Visualforce、コミュニティビルダー、Site.com Studio、コンテンツファイルの URL からインスタンス名を削除」の有効・無効の状態により、それぞれURLが異なります。
 有効・無効のURLをそれぞれ登録しておきますと、どちらの設定でもページレイアウトがご利用いただけます。

項目説明

名前説明
Salesforce標準のページレイアウトを使用する

はい・・・Salesforceで使用しているページレイアウトを使用します。

レコードタイプにより複数のページレイアウトがある場合予定作成時にページレイアウトが選択して予定を作成します。

いいえ・・・mitocoのページレイアウトを使用します。(デフォルト)

Salesforce標準のページレイアウトの再取得

Salesforceでページレイアウトを変更した場合再取得することができます。

※ユーザがカレンダーを使用中に行うと予定が取得できなくなることがあります。

       ※ 他人の予定参照時に参照できないページレイアウトの場合はレコードタイプ[マスタ]のページレイアウトで予定を参照します。

       ※ 「Salesforce標準のページレイアウトを使用する」を[はい]または「Salesforce標準のページレイアウトの再取得」で[再取得]を行った際、ブラウザのリロードが必要です。
   操作実施後、ユーザに対してブラウザのリロードを実施していただくようご案内をお願いいたします。

目次に戻る

IoTの認証を行う

IoTを使用するための認証を行います。
※IoTの認証を行わないと会議室状況が表示されません。

    1. Salesforceの設定画面 管理 > セキュリティのコントロール > リモートサイトの設定 > 新規リモートサイト でIoT ServerのURLを登録する。

      リモートサイト名mitocoIoTServer (アンダースコアと英数字のみ)
      リモートサイトのURLhttps://api.fastio.jp
      有効チェック
    2. 左のアイコンメニューのアプリケーション設定アイコンをクリックします。

    3. カレンダー > IoTをクリックします。
    4. 項目(赤項目は必須)を入力します。
    5. [アクセストークンを取得する]をクリックします。

項目説明

名前説明
認証コード認証コードを入力します。
クライアントIdクライアントIdを入力します。
ドメインドメインを入力します。
更新間隔IoT情報の更新間隔を選択します。
※会議室の状況のデータは前回取得時間から更新間隔を経過すると最新のデータを取得します。

目次に戻る

IoTの認証済みの確認

画面の上部に、認証状況に応じて、下記のメッセージが表示され判別することが可能です。

状況メッセージ内容文字色
認証済みの場合認証情報は設定済みです。
認証していない場合認証情報は未設定です。

目次に戻る

パートナーユーザーでコミュニティのカレンダーを使う場合の設定

パートナーユーザー用のプロファイルをコピーしたプロファイルを作成します。
作成手順は下記リンクをご確認ください。

パートナーユーザーでコミュニティのカレンダーを使う場合の設定

目次に戻る

モバイルアプリでクラッシュログを送信する

モバイルアプリがクラッシュした際にログを送信するかどうか設定します。
※デフォルトでは送信する設定になっています

    1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > アプリケーション利用設定 > Manage から、以下項目の設定を変更する

      カスタム設定項目名(モバイル用)Crashlytics使用可否
      有効チェック
    2. ONの場合クラッシュ時にログを送信、OFFの場合クラッシュ時にログを送信しません。(本設定が反映されるのは、モバイルアプリ起動時となります)

 

目次に戻る

日表示と週表示の予定に表示される項目の表示順序を変更する

日表示と週表示の予定に表示される 時間、件名、場所 の表示順序を設定します。

※デフォルトでは時間、件名、場所の表示順になっています

 

設定手順

  1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > mitoco カレンダー設定 の Manage をクリックします
  2. デフォルトの組織レベルの値 の [新規] をクリックします (すでに設定したことがあるときは [編集] をクリック)
  3. "表示オプション" の項目に以下のいずれかを入力します

    表示順入力文字
    1.時間 2.場所 3.件名time_location_subject
    1.時間 2.件名 3.場所(入力無し)
  4. [保存]をクリックします

目次に戻る

他人の予定の編集権限の設定

"他人の予定の編集権限"を設定します。他人の予定の編集権限 を設定すると、他人の予定の閲覧や編集を行えるようになります。

他人の予定の編集権限 はユーザ、プロファイル、組織のレベルでそれぞれ設定することができます。

※ コミニティユーザに対するユーザレベルの設定を行えません。プロファイルレベルでの設定を行ってください。

 

優先度

設定は以下の順の優先度で適用されます。

    • ユーザ
    • プロファイル
    • 組織のデフォルト値

※組織のデフォルト値を有効に設定しても、ユーザレベルで無効にしているとそのユーザは無効となります


設定手順

【組織レベル】

  1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > mitoco カレンダー権限設定 の Manage をクリックします。
  2. デフォルトの組織レベルの値 の [新規] (又は [編集])をクリックします。
  3. 他人の予定の編集権限権限 をチェックまたは未チェックにします。
  4. [保存] をクリックします。

 

【ユーザレベル・プロファイルレベル】

  1. Salesforceの設定画面 管理 > カスタム設定 > mitoco カレンダー権限設定 の Manage をクリックします。
  2. ビュー内 の [新規] (又は対象の設定の "編集" )をクリックします。
  3. 保存場所 のレベルを プロファイル 又は ユーザ のいずれかを選択し設定します。
  4. 他人の予定の編集権限権限 をチェックまたは未チェックにします。
  5. [保存] をクリックします。

目次に戻る

  • No labels