Page tree
Skip to end of metadata
Go to start of metadata

「表示条件」プロパティでは、対象項目の入力値によって以下のコンポーネントの表示/非表示が制御できます。


各コンポーネントの「表示条件」 プロパティの  ボタン押下時に以下の画面が表示されます。

項目

説明

「設定なし」ラジオボタン

コンポーネントを常に表示します

「条件設定」ラジオボタン

画面に配置されている項目の入力値によって、コンポーネントの表示/非表示を切り替えます。
設定した条件に合致した場合に表示され、合致しなかった場合は非表示となります。

 

項目

コンポーネントの表示制御を判断する対象項目を画面に配置されている項目から設定します。
設定可能な項目は以下です。

  • URL
  • チェックボックス
  • テキスト
  • テキストエリア
  • パーセント
  • メール
  • ロングテキストエリア
  • 数値
  • 選択リスト
    (※レコードタイプは設定不可)
  • 選択リスト(複数)
    (※チェックボックス化している場合は設定不可)
  • 通貨
  • 電話

また、他の「表示条件」設定で使用されている項目は設定出来ません。

演算子

以下から選択可能。但し選択肢は「項目」の型によって変化する。

  • 次の文字列と一致する
  • 次の文字列と一致しない
  • 次の文字列を含む
  • 次の文字列を含まない
  • 次の値を含む
  • 次の値を含まない
  • <=
  • >=

表示条件値を入力します。
「項目」、又は「参照先項目」の型によって入力形式は変化します。

手動設定

マージフィールド等を利用し、その値がtrueの場合に表示され、falseの場合は非表示となります。


また、条件とする項目として入力項目が画面に配置されていない場合は、以下の画面が表示されます。
設定内容は、上記の「手動設定」を参照してください。

  • No labels